本文へスキップ

益田商店会は島根県益田市の益田地区に拠点を置く企業、自営業者の団体です。

TEL. 0856-22-4557

〒698-0005 島根県益田市本町1-62

益田地区の史跡案内NEWS&FAQ

七尾城跡(ななおじょうあと)/益田城(ますだじょう)

七尾城


★詳細
築城 建久4年(1193年)
 益田兼高によって築城

標高(本丸跡)約118m
全長 約600m

住吉神社から山道があり、そこから城跡に行ける。

写真は西尾根側(住吉神社側)
手前の建物は益田市立益田小学校

城は城名の示すとおり、多くの尾根上に築かれた山城で、東・西・南の三条の尾根に集中している。

大小40あまりの曲輪(平らな区画)や敵の侵入を防ぐ堀切(尾根を断ち切った空堀)や、土塁、馬釣井とよばれる石積みの井戸跡があり、本丸跡の南の曲輪と北東の出丸には、毛利氏の攻撃に備えて築かれたと考えられる畝状空堀群(斜面の連続竪堀)が残っている。

七尾城が敵襲を受けた唯一の戦いが行われた「尾崎丸」(出丸)は大手門(現在は医光寺の総門)の真上、西尾根の先端にあった。

戦国時代末期に、毛利氏の攻撃に備えて大改修され、慶長5年(1600年)関ヶ原の戦いに敗れた益田元祥(もとよし)は毛利輝元の家老として長門の須佐に移り、約300年、益田氏の拠城であった七尾城も廃城となった。
堀跡


現在は七尾公園として整備され、堀は花菖蒲園になっている。

掘り周辺には桜が植えられている。

近くには水源地もある。

バナースペース

益田商店会

〒698-0005
島根県益田市本町1-62

TEL 0856-22-4557
FAX 0856-22-4557

inserted by FC2 system